FXの基礎知識

NYポジションカットについて|これがわかればドル円取引に有利です。

FXをやっていると頻繁にNYオプションカットという言葉をよく耳にするかと思います。

これは、カットオフタイムとも呼ばれ通貨オプションの権利行使の最終的な締め切り時間のことです。

※通貨オプションとは、あらかじめ定められた期間や期日に、定められた価格で買う権利(コールオプション)、または売る権利(プットオプション)を売買する取引のことです。

NYオプションカットの時間帯は、日本時間の24時(夏時間は23時)になります。

例)では、一つ例を見てみましょう。

買った側はオプションカットの時間にドル円が100円よりも安い90円であれば権利を行使する必要がありませんが、(市場で買った方が安く買えるので)ドル円が100円よりも高い110円であれば権利を行使します。(市場よりコールオプションで買った方が手数料を払っても安く買えるから)

仮にドル円が110円だった場合10円の差額が特になります。10円と言うとピンとこないかと思いますが、大企業の両替の場合、何百億単位の差額になるかもしれませんので、かなりの差額ですね。まぁ1カ月で10円動くことは、なかなかないですけどね・・・。

では、オプションカットがFXにたいしてどのように影響するのでしょうか?

結論からいいますと、権利行使の締め切り時間でオーダーのある場所に近づく確率が高いです。

では、なぜオプションの集中している場所に、レートが近づいていくのか深く考えてみましょう。

ドルコール(ドルを買う権利)

ドル円を100円でドルを買う権利を持っていた場合、権利行使のタイミングで90円に下がっていた場合には、権利を放棄することになり、逆にレートが110円に上がっていれば、100円でドルを買った方が、お得ですから権利行使することは理解いただけたかと思います。

そして、ドルコールの権利を持っているときには、ヘッジの意味合いもあり基本的にはドル売り(ショートポジション)で利益を得ることができるからです。

つまり、ドルコールを保有しているため上昇しても安心して取引できますので、権利行使日までの間ショートポジションから入り、ある程度下がったら利益確定、ある程度上がったら再度ショートポジションを持ち、ある程度下がったら利益確定といった取引をひたすら繰り返します。

プットオプションの場合は、その逆の取引になりますが、オプションからレートが離れていると、たくさんの買い、売りの取引がやりやすくなることで圧力が加わり、オプションレートの場所に近づく傾向があるのです。

あくまでも上記のような傾向がありますが、必ずではございませんが、少し気にしながらトレードすると、少しばかり勝率を上げることができるかもしれません。

トレードの参考にしていただければと思います。

クリックしていただけるとブログ更新の励みになります